家の見た目や安全性で非常に重要なのが外壁です。外壁が経年劣化で弱くなりクラックが発生すると、雨漏りによって家の湿気が増加したり、白アリの住処になってしまう可能性もあります。
そんな経年劣化は、残念ながら防げません。

外壁劣化に注意!劣化は時間が経てば起こる現象

雨風から家の中を守ってくれる外壁は、家の部位の中で最も劣化が目立つ部分です。
外壁の中でも最も劣化が目立ちにくいといわれている外壁タイルも、長年雨風にさらされることで見た目が大きく変化します。
見た目以外にもヒビが入ったり剥がれ落ちたりといった劣化を放置した場合、様々なリスクが発生します。
そんな劣化の特徴を見ていきましょう。

外壁タイルに見られる3つの劣化

①変色

変色した壁

雨や埃に長年晒されていることにより、雨がしみ込んだり埃によって外壁の色が変化してしまいます。
他にも、タイルを張り付ける際に使用したモルタルやコンクリートに含まれている炭酸カルシウムが雨で溶けて流れてしまうことでタイルに白い痕ができてしまうこともあります。これを白華現象といいます。
色が変わってしまうので見栄えは悪くなりますが、耐久面に関しては特に問題はなく、まだ深刻な状態ではありません。

②クラック

ひび割れた外壁

クラックとは、ヒビ割れのことです。
経年劣化によってタイルがもろくなり、雨風などによってクラックは発生します。また、クラックによって内部に湿気が入り込むと、鉄筋が錆びて膨張し、その影響で様々な箇所にクラックが発生するリスクがあります。
そのため、クラックの発生は家の見た目だけではなく家の耐久面にも悪影響を及ぼす危険な状態です。発生して直ちに悪影響が起きるわけではありませんが、早急な対策が必要です。

③破損・剥離

破損した壁

劣化の中で最もわかりやすいのが剥離・破損です。
雨によってタイルを貼り付けていた接着剤が剥がれたり、クラックが進行して一部が破損してしまった状態が当てはまります。
この状態を放置していると、剥がれた箇所から雨によって水分が浸透し、他の箇所も剥がれ落ちてしまう可能性が高いです。
そのため、非常に危険な状態であり、放置した場合家の寿命を著しく縮めてしまうため、発見した場合はすぐに対策を考えなくてはいけません。

経年劣化の目安

前述したように、劣化の中で最も危険な状態が剥離・破損状態です。
外壁タイルは破損よりも剥離状態になるケースの方が多く、その理由の大半が経年劣化です。
なお、このような剥離の可能性が出るのは統計によると施工してから13~14年後といわれており、よほどひどい業者の施工でもない限り10年以上は持つ計算です。
剥離によって高いところのタイルが剥がれ落ちると、下に人がいた場合怪我をする可能性もあります。
よって、何らかの問題が発生する前に、対策を考えておくことをおすすめします。

外壁タイルの劣化を食い止める方法~補修と外壁塗装で解決~

外壁に関する問題を放置すればするほどリフォームコストは増大します。
逆に、早い段階の対処なら被害とコストを最小限におさえることができるので、早期対策を心がけましょう。
そんな対策で最も効果的なのが、補修工事と外壁塗装です。

外壁タイルの補修工事

作業する男性

一戸建ての家屋の場合、剥離が発生するのは一定の範囲であることが多いです。そのため、一部だけ補修しても他の箇所が剥がれる可能性もあります。そのため、今後のことも考え、タイルを貼り付ける壁そのものを強化する「ボンドカーボンピンネット工法」という工事を行います。 これは、特殊な繊維とセメントを壁に塗って外壁タイルを補強・一体化させます。 その後、下地の間にビスを打ち込み樹脂で補強する「アンカーピンニング工法」を行い、新たに外壁タイルを貼り付けていきます。これにより、効率よく外壁の補修を行うことができます。

透明塗料を使った外壁塗装

キレイな壁

もし自宅の外壁がレンガ状の外壁だったり、様々な色のタイルを用いてデザインしたこだわりの外壁ならば、従来の外壁塗装で色を塗り替えてしまうと台無しになってしまいますし、張替え作業にも多大なコストと時間がかかってしまいます。 自宅の外壁にこだわりがあるようであれば、透明塗料をおすすめします。これは名前のとおり透明の塗料を上から塗って補強をする施工なので、デザインや色合いを変えることなくリフォームができます。 しかし、従来の塗装よりコストが若干かかり、タイルの劣化が激しい場合行えないのでタイルの状態には注意しましょう。

施工を依頼する前に「相場を確認すること」

メモをとる女性

外壁タイルのリフォームというのは10年に1度程度のことなので、ほとんど縁がありません。
また、外壁塗装の施工の見積もりというのは素人にはよくわからない不透明な部分が多いため、適切かどうかというのはよほど詳しくないかぎりわからないものです。
そのため、値段をふっかけられても気づきにくいですし、安価な値段を相場だと勘違いして値段相応のリフォームしかできずあまり恩恵が得られなかったりと、失敗例は多々あります。
そうならないためにも、相場と施工内容は理解しておく必要があります。
現在はインターネットで値段比較もできますし、簡単な施工内容の説明はあるので、リフォーム前に目を通してほんの少しだけでも勉強しておきましょう。